観光

福島でラーメンと言えば喜多方!朝ラーの元祖はココ!【坂内食堂】

おはようございます、旦那ぽんです。

あわせて読みたい
【福島県お勧め観光スポット】江戸時代にタイムスリップ【大内宿】大内宿は、南会津の山中にある江戸時代からある会津西海道の宿場です。お盆と紅葉の時期になると大渋滞になりますが、お盆直前ならこんなに空いています。混んでいる時の裏ワザも教えちゃいますのでお役立て下さい!!...

福島の旅、2日目は喜多方の「朝ラー」を食べに行ってきました。
朝ラーとは朝ラーメンの略で、喜多方の朝ラーの由来は、都会へ働きに出た息子が年末に夜行列車で帰省した際に、早朝の寒い福島で、何か温かい物を食べさせてあげたいという母心から誕生したという話を聞いたことがあります(※諸説あります)。

朝ラーの元祖!坂内食堂

喜多方ラーメンと言っても、駅前のラーメン屋さんは飽きてしまったので、肉そばが有名な【坂内食堂に行くことにしました。

朝7時から開店しているので開店時間には着きたいのですが、旦那ぽん家からは2時間かかるので5時に出発しなければなりません。寝るのが大好きな戌年夫婦は、何とか頑張って早起きし6時に出発しました。

やっとこ着いたのが、8時を過ぎた頃・・・
早速、駐車場へと急いだのですが、すでに満車・・

坂内食堂の駐車場は2か所ありますが、それでも空はありません。


坂内食堂は喜多方市役所の近所にあります。周囲にラーメン屋が多いことから、市役所が休みの休日などは、終日一般開放しています。

喜多方市役所駐車場のご案内

更に市役所の先には、県営駐車錠があり1日300円で駐車することができます。こちらは、かなりスペースがあるので、駐車場の順番待ちがイヤな人は最初からこちらを目指した方が確実です。

戌年夫婦、おとなしく列に並ぶ

駐車場を探していたので、列に並んだのが8:20頃になってしまいました。幸い、ネットで紹介されているような大行列はありませんが、すでに数名が店の外に列を作っています。


戌年夫婦も、その列に加わりました。

それにしても、台風はどこへ行った?と言うほどの晴天です。8時すぎだというのに、日差しがジリジリと照りつけ、旦那ぽんの頭皮にダメージを与えます。

並んでいるだけで、ヒマなのでメニュー看板を撮ってみました。


ふと、上を見ると、クーラーの室外機にラーメンのどんぶりが!?


そんなこんなで並ぶこと数十分・・・
やっと、店内に入ることができました。

しかし、ここでも行列が・・

更に、地元のテレビ局のスタッフと思われるお姉さんが入ってきて、何やらウロウロしています。すると、空いたど真ん中のテーブル席めがけて、10人前後の外国人がドドドーッと入ってきました。おまけに、番組スタッフが隣のテーブル席を占拠したため、店内の中央は取材ゾーンになってしまいました。

当分、座れそうにありません。
商売柄(専門学校講師)、1日中立って授業をしているのですが、じっとして列に並んでいる方が疲れます。さすがに、腰が痛くなってきました。

店員さんが少なすぎ!!

列に並んでいるうちに、坂内食堂が混んでいる原因のひとつが分かりました。

店員さんが少なすぎなのです。

男女各2名ずつ、計4人で切り盛りしているのですが、女性陣は母子です。
お子さんは中高生くらいで、夏休みに家業を手伝っているパターンなので不慣れです。(一生懸命やっているので、微笑ましかったですけど)

ですから、席が空いても下膳に時間がかかったり、席についてもなかなかラーメンが出てこないという悪循環です。

店員さんが、あと2人増えれば、劇的に回転が良くなると思うのですが・・・

結局、戌年夫婦の前にラーメンが出てきたのは、並び始めてから1時間半以上経ってからでした。

坂内食堂名物!肉そばのお味は?

スープの色が薄めで、醤油ラーメンと塩ラーメンの中間といった印象です。麺は太めの縮れ麺で、これぞ喜多方ラーメンといった感じ。

味に関しても、どちらかと言えば薄目な印象ですが、朝から何も食べていなかった戌年夫婦は、薄さも分からず美味しく完食させていただきました。コクや深みがあったのかもしれません。

何より「これでもか!」と言わんばかりの肉(チャーシュー?)の量に圧倒され、大満足でした。

肉は1/3ほどが脂身なのですが、脂抜きがされていて「しつこさ」はありません。柔らかくて、美味しかったです。

店内には、お土産コーナーがあり、箱入りのラーメンを販売していました。そこから宅配便の手配もできるようで、不慣れな娘さんが悪戦苦闘していました。

帰宅後ネットを見ていたら、坂内食堂のホームページでも販売しているようです。
又、楽天でも販売されていました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

喜多方ラーメン坂内食堂 5食セット
価格:3200円(税込、送料別) (2018/8/15時点)

坂内食堂のカップラーメン!

帰りに地元のスーパーに立ち寄ったら、旦那ぽん自宅周辺では見たことが無い商品が沢山あり、いきなりテンションがあがりました。

その中に、坂内食堂という名前のカップラーメンを発見!食べ比べてみようと、即座に購入しました。

・・・でも、帰宅後ネットを見ていたら、これも楽天で売っていました(泣)

この他にも、見たことがないカップラーメンや袋麺が沢山あったので、ひたすらエッサホイサとカゴに入れていたら、嫁にんにバカにされました・・・

自分だって興味があるくせに~・・

ふと、時計を見たら、まだ午前中。
天気も良いことだし、福島名物「揚げまんじゅう」でも食べに鶴ヶ城(会津城)へ行くことにします。

続きは、また、明日!!

坂内食堂へのアクセス

【郵便番号】966-0816
【住 所 】福島県喜多方市細田7230
【電話番号】0241-22-0351
【営業時間】7:00~18:00(木曜定休)
【URL】http://ban-nai.com/kitakata.htm

あわせて読みたい
【福島県お勧め観光スポット】八重の桜の会津若松城!【鶴ヶ城】鶴ヶ城(会津若松城)に饅頭の天ぷらを食べに行ってきました。それから、ボランティア観光ガイドのおばあちゃんに城内を細かく解説していただき、観光ガイドに載っていないような貴重な話をたくさん聞かせてもらって勉強になりました。...