薄毛・育毛

原因はAGAだけじゃない!プロペシアが効かない薄毛の研究#1

あわせて読みたい
薄毛=AGAではない!遺伝子検査で原因を知れば対策も変わる!薄毛治療がメジャーになってきている昨今、【薄毛=AGA】は常識です。親が薄毛なら子に遺伝するとか、祖父がハゲていれば孫もハゲるなど、実しやかな都市伝説が語り継がれていますね。実父がハゲているばかりにAGAだと信じ込んでいた私の【衝撃の遺伝子検査結果】を告白します。伝説を信じなければAGA治療に数十万円をかけずにすんだのに・・・...

先日、「AGA遺伝子検査キット」のお話をしました。

その際、長年、AGAだと思っていた私がAGAではなかったというショッキングな体験のお話しをしました。

病因が違えば、いくら多額の費用をかけても効果が出るはずはありませんね。インフルエンザに風邪薬を服用しても効果が無いのと同じです。

ここでは、どうすれば薄毛の原因をつきとめられるか?どうすれば改善できるのかについて考えてみたいと思います。

AGA(男性型脱毛症)とは?

一番、有名な薄毛の原因です。
以前にも取り上げたことがあるので、簡単にお話しします。

AGAは、男性ホルモンの一種であるテストステロンが5α-リダクターゼと呼ばれる酵素と結合してジヒドロテストステロン(DHT)として代謝されることで発症します。この5α-リダクターゼの分泌量は遺伝と深く関係しているため、AGAは遺伝による影響が強いとされているのです。

AGAの治療に使用されるフィナステリド(商品名:プロペシア)は、この5α-リダクターゼの分泌を阻害することでDHTの生成を抑制して、薄毛や脱毛を防ぐ効果があるのです。

ストレスによる薄毛

人は日常生活や仕事で、数多くのストレスを受けています。家庭内のトラブルや夫婦喧嘩、職場での人間関係、仕事上のミスなど、数え上げたらキリがありません。

人間はストレスを感じると、イライラしたり不安になったりと精神的に不安定になるので、偏頭痛や胃痛、動悸、目まい、不眠症、集中力の低下など、様々な不調が始まり、胃や十二指腸潰瘍、心身症、神経症、鬱病、がん、自律神経失調症などを発症する危険があります。
それらの症状の中に、薄毛や脱毛もあるのです。

ですから、ストレス性の薄毛治療は、ストレスの原因を知って、それに近寄らないことが一番なのです。

又、物事をポジティブに考える習慣をつけたり、感情を抑えすぎないことも大切です。人間はストレスを感じると欠陥が収縮しますので血流が悪化しますから、改善方法は血流を良くすることです。

深呼吸をする、寝る前にぬるめのお風呂に20分程度浸かる、マッサージでリラックスするなどの気分転換も有効です。

生活習慣の乱れによる薄毛

日中の身体に溜まったダメージは、睡眠によって回復されます。特に頭皮は紫外線などのダメージを受けているので、しっかりと睡眠をとることは大切なのです。

一般的には午後10時から午前2時までは成長ホルモンが分泌される「ゴールデンタイム」と呼ばれていますから、その時間にしっかりと睡眠していることはダメージの回復だけでなく、髪の毛の成長にも大切なのです。

かく言う私の薄毛が進行した30~40代は、まさにコレでした。

朝、1限目から専門学校で授業があるので、6時に起床して出発。夕方、授業が終わるとラジオの生放送(音声ミキサー担当)のため、放送局へ直行。夜9時から放送が始まり、終わるのが午前3時。当然、電車がありませんから、全てバイク移動です。

今、思えばヘルメットをかぶるのも良くなかったですね。

特に夏場は、ヘルメットの中は汗でビショビショです。タオルで頬被りをしてヘルメットをかぶっても、放送局へ着くときにはタオルがグショグショでした。次の日も同じヘルメットをかぶるわけですから、ヘルメット内部は雑菌だらけだったに違いありません。

さて、話を戻しますが、生放送を終わってバイクで帰宅すると、午前5時を過ぎています。
そんな生活を週に4日以上続けていたのですから、我ながらスゴイと思います。

今の私(薄毛頭)があるのは、その10年の賜物かもしれません。

乱れた食生活による薄毛

髪が育つためには「栄養」が必要です。
偏った食生活で髪に必要な栄養成分が摂られないと、髪は健全に育ってくれません。

特に外食やファストフードは、糖分や塩分、脂質が多いので栄養バランスが偏ってしまいます。

脂質や塩分は高血圧や肥満の原因です。
悪くなることで発症しますが、肥満の人は血管内にコレステロールが溜まり、血管の内部高血圧は血流がが細くなっていることが多いので血流が悪くなって血圧が上がるのです。

人間の身体は塩分を取りすぎると、血液の浸透圧を一定に保とうという作用が働き、血液中の塩分を薄めるために血液中に水分を多く取りこむようになります。すると、血液の総量が増えるために血管がパンパンになるため、心臓への負担が増えて血圧が上がるのです。

いずれの原因でも、血圧が上がれば血流の悪化や血管の損傷につながります。人間の身体に必要な栄養は血流によって運ばれますので、血流が悪化すると身体の細部にまで栄養が行き届きにくくなるのです。

これは、頭皮でも同じです。
頭皮の血行が悪くなると、毛根や毛母細胞に栄養が行き届かなくなって、髪の毛の成長が困難になるのです。

その結果、髪の毛が栄養失調になって抜けてしまうという事です。解決方法は、簡単ですね。食生活を見直して、栄養バランスのとれた食事をすることです。

いかがでしたか?
当てはまる原因はありましたか?

薄毛になる原因はまだまだありますが、ここでは紹介しきれないので明日も続きを掲載します。