ライフスタイル

【自動車保険】保険料で損している!?ネット保険が断然お勧め!

保険は転ばぬ先の杖

自動車を運転する人は、自動車保険について考えたことがあると思います。
車検の際に強制的に加入させられるのが「自賠責保険」です。

自動車保険で補償してくれる主な内容は、以下の3つです。

①相手方への補償
事故を起こした相手への治療費や相手の車に対する修理費用です。
②同乗者の補償
自分や一緒に乗車していた人に対する治療費などの補償です。
③車両補償
自分の車に対する修理費や盗難などの補償です。


このうち、自賠責保険で補償されるのは①の相手方への補償だけです。

【自賠責保険で補償される内容】

傷害 120万円まで
死亡 3000万円まで
後遺障害 4000万円まで

つまり、相手の車や自分や同乗者の補償、自分の車の補償などは含まれていないということです。

交通事故は健康保険が適用されませんから、全額、自腹です。
ですから、相手方の治療が入院を必要とする場合は、あっという間に120万円を超えてしまいます。

更に死亡保険が3000万円というのは低すぎます。
先日も、子供が自転車で事故を起こして老人を死なせてしまったというニュースが流れていましたが、その賠償金が9000万円以上という判決が下されました。
この場合、不幸にも亡くなった方が1人でしたが、もし、自動車に複数の同乗者がいたら、とんでもない金額になってしまいます。

ですから、自賠責保険で全ての補償を賄うのは不可能なのです。

実母が遭った無保険車の被害

以前に、私の母が交通事故に遭ったことがありました。
加害者の車は無保険でした。
当然、相手方は治療費が払えません。
しかし、病院は治療費を回収できないと困るので、驚くべき提案をしてきました。

病院の会計さん
病院の会計さん
交通事故ではなく、お母さんが個人でケガをしたことにして、お母さんの健康保険を使っていただけませんか?

私だったら、絶対に「ノー!!」を突きつけるのですが、両親は、その申し出を受け入れてしまいました。
何でも、その提案を受け入れないと、入院中の待遇が悪くなるのではないかという心配をしたそうです。

昔の人間は、世間体を気にする人が多く、特に私の両親は「他人に媚び諂う」という生き様だったので、そんな『神対応』を選択したのでしょう。
しかし、平成も終わりを告げるこの時代に、そんな人間は絶対にいません。

知り合いの保険屋さんも、「今時、自賠責しか入っていない車は、裸で街を出歩くようなものだ」と言っています。
ですから、任意保険の加入は、車を運転する人には不可欠なのです。

だんなぽん
だんなぽん
車を持っていない人でも、ペーパードライバー保険があるよ!
よめにん
よめにん
運転免許にかける保険だね!!

任意保険も様々

昭和の自動車保険と言えば「○○火災海上」などに代表される日本古来の保険会社でした。
年間の保険金は7万円以上もする超ブルジョア保険です。
現在でも、そのような高額な自動車保険も健在ですが、ネットやスマホが発達したり、ソニーなどの家電メーカーが保険事業に進出することによって、多彩な保険が増えてきました。
現在、私が加入している任意保険は、2万円を切っています。
そんなに安価な自動車保険だと、補償内容に不安があると思うかもしれませんが、対人、対物ともに無制限、搭乗者2,000万円など、ブルジョア保険に引けをとらない十分なスペックなのです。
しかも、12回の分割払いなので、毎月の支払いは1,750円と超リーズナブル!!

保険はあくまで「まさかの時のための保険」ですから、日常生活の負担にならない程度の出費にしたいですね。
私の同級生に、維持費が大変と言って自家用車を持つのを止めた人がいます。
しかし、保険料金を見直すだけでも、負担はかなり軽くなるのです。
私は、高齢になり運転するのが危なくなったら自家用車を手放しますが、保険や維持費が負担になるという理由で車を手放すことは絶対に避けたいです。

だんなぽん
だんなぽん
自家用車を売却した友人は、私ほどは車に対して「思い入れ」がなかったのでしょう。