ライフスタイル

2019年(平成31年)の厄年一覧!今年の大厄は何年生まれ?

今朝、仕事場へ向かうだんなぽんから一通のLINEが届きました。

私自身は今年は後厄だと分かっていたので、先日行った身代わり不動尊では厄払いをお願いしたのですが…。

【身代わり不動尊】ちょっと遅い初詣・役所みたいなお寺とは!?川崎の身代わり不動尊へ初詣に行ってきました。参拝に通い始めて10年になりますが、何度来ても閑静な集合住宅街のど真ん中にある鮮やかな朱色の建物は新鮮な印象を受けます。以前は畳に座っての御祈祷だったのですが、近年、全席椅子になったので、お年寄りや我々のように太めの夫婦でも安心して読経に集中できるようになりました。渋谷からも近いので、お勧めのお祈りスポットです。...
よめにん
よめにん
気が付くの遅くない!?

2019年(平成31年)女性厄年一覧

前厄 本厄 後厄
2002年(平成14年)生
18歳
2001年(平成13年)生
19歳
2000年(平成12年)生
20歳
1988年(昭和63年)生
32歳
1987年(昭和62年)生
33歳
1986年(昭和61年)生
34歳
1984年(昭和59年)生
36歳
1983年(昭和58年)生
37歳
1982年(昭和57年)生
38歳
1960年(昭和35年)生
60歳
1959年(昭和34年)生
61歳
1958年(昭和33年)生
62歳

※女性の大厄は33歳(数え年)です。

よめにんは1982年(昭和57年)生まれの戌年なので、こちらの表では黄色いセルの部分にあたります。実年齢は2019年1月時点で36歳ですが、厄年は数え年で年齢を数えるため38歳ということになります。

数え年とは?
数え年は母親のお腹にいる月日もカウントし、生まれた年は0歳ではなく1歳として数え、新年の1月1日に一歳を加えて数える年齢のこと。

2019年(平成31年)男性厄年一覧

前厄 本厄 後厄
1996年(平成8年)生
24歳
1995年(平成7年)生
25歳
1994年(平成6年)生
26歳
1979年(昭和54年)生
41歳
1978年(昭和53年)生
42歳
1977年(昭和52年)生
43歳
1960年(昭和35年)生
60歳
1959年(昭和34年)生
61歳
1958年(昭和33年)生
62歳

※男性の大厄は42歳(数え年)です。

だんなぽんはよめにんと同じ戌年です。昭和33年生まれです。

…。

……。

よめにん
よめにん
前厄じゃなく後厄じゃないか!!!!!!
だんなぽん
だんなぽん
あれ?そうだった?てへっ

厄年でも良いことあるって本当?

厄年というと、大病を患ったり不吉なことが訪れるイメージがありますよね。

実際に数年前、近所に住んでいたご家族のパパさんが42歳の年に大動脈解離で亡くなっています。1週間ほど前までは普通に元気に子どもたちと遊んでいる姿を目にしていたので本当に驚きました。

だからといって、必要以上に厄年に怯えるのは精神衛生上よくないかなと思います。

特に女性の厄年は32歳(数え年)から38歳までほぼ続くことになるので、気に病んでいたら身体が持ちません。

そもそも、何故厄年が「厄」とされるのかというと、厄年が訪れる20代前半、30代、60代というのは、体調の変化が起こりやすい時期(20代は社会人へ、30代は出産・育児、60代は更年期など)だからとも言われています。

また、厄年は「役が回ってくる役年」であり、人生の転機となる年という説もあるそうです。

私の場合、女性の大厄とされる33歳の時に再就職が決まるなど、かなり恵まれた1年だったと記憶しています。

「厄」とか「お祓い」とかの効果って目に見えるものではありませんので、気持ちの問題だと思います。

私は厄払いに行くことで、悪いものが去ったという気持ちになり安心できますし、何か不幸なことが起きてしまったとき、厄払いに行かなかったから…と思わずに済むかなと思っています。

ですので、厄年が気になる…という人方は厄払いに行きましょう!