いびき

【CPAP】詳細なデーター通信に驚嘆!前立腺癌服用薬の副作用

前立腺がん治療

2019年の仕事始めは、同時に通院はじめの週でもありました。
現在、治療中の病気ですが、前立腺がんと睡眠時無呼吸症候群です。
まず、前立腺がんですが、私の場合、諸事情により手術が困難なので、服薬にて治療箇所を小さくしたのちに放射線治療というプランになっています。
昨年、がん検診の際に数値に異常が見られ、生体検査にて発見されたのですが、それ以来、服用している薬で検査数値が下がったり上がったりを繰り返しています。
前立腺がんで服用している「ビカルタミド錠」という錠剤は、がん細胞の抑制効果があるのですが、副作用として、乳房の腫脹、乳房の痛み、ほてり、性欲減退、食欲増加などの症状があります。
私の場合は、食欲増進という自覚はないのですが、体重が増加中です。
更に、「お乳首が痛い」という、人には言いにくい症状も出てきました。
いわゆる「成長痛」みたいなものなのですが、空(くう:愛犬)を抱っこするときやギターを弾く際に当って圧力が加わると痛みを感じます。
又、何かに胸をぶつけると「痛い」と声が出る程度の軽い痛みを感じます。
最近では、普通にしているだけで、ムズムズすることもあります。


しかし、一番困ることは、薬代が高いことです。
1か月で5千円くらいかかります。
私は、このほかに血圧を下げる薬、尿酸値を下げる薬、血液をサラサラにする薬、胃薬などを処方してもらっていますが、それらを合計した金額よりも高額です。
今年度の仕事(専門学校の講師)が終了する3月から4月にかけて放射線治療を受けて、この期間中に前立腺がんを克服したいと思います。

CPAP再診

さきほどまで、呼吸器科の外来へ行ってきました。
CPAPは3ヶ月ごとに診察を受けて処方してもらわないと保険が適用されません。
CPAPを処方されて最初の通院なので、早めの2か月目で再診となりました。
待合室で、ESS(エプワース眠気尺度)の用紙を記入してから、血圧を測定して診察待ちです。
血圧は135・80(最高・最低)なので、良い結果が出ています。
CPAPの影響か?酢ピーナッツの効果か?はたまた、「ごま酢セサミン」の御利益か?
定かではありませんが、明らかに血圧を下げる効果はあったようです。

CPAP先生に効果の実績を見せようと、スマホのいびきラボを起動して待っていたところ、
ほどなくして、診察に呼ばれました。

恐るべし!CPAPの通信機能!!

診察室に入ると、CPAP先生が「どうですか?」と尋ねてきました。

だんなぽん
だんなぽん
はい、あれ以来、熟睡できています!

とスマホを見せようとしたところ

CPAP医師
CPAP医師
そうみたいですね。

と言われたので、何でわかるの?疑問に思いました。
そこで思い出したのが、CPAPと病院がdocomoの通信回線でつながっているということです。
CPAP医師のデスクに置かれたパソコンのディスプレイには、10月以降の使用状況データーがグラフとなって表示されています。

そこには、使用日時と時間、圧力(CPAPから押し出す空気の力)やリーク(空気漏れ)、AHI(無呼吸指数)などが詳細に記載されていました。

だんなぽん
だんなぽん
スゴイ!
よめにん
よめにん
寝ながら監視されているみたい!!

更に、CPAP先生は以下の2点を推奨してくれました。
①1日1時間のウォーキング(毎食後20分を3回)
②毎食後、ゆっくりと腕立て伏せ(5分程度)

どちらかを継続することで筋肉量が増え、脂肪の代謝が高まり、起動が通りやすくなるので、睡眠時無呼吸は改善されるというのが、CPAP先生の治療方針でした。

旦那ぽんの医療貧乏は続く

こうして、2019年の「医療始めWeek」は終了しました。
この時点で、2019年の医療費は2万円にもなりました。
更に、来週は歯医者さんの検診です。
3月には前立腺がんの放射線治療が始まりますので、2019年は医療費控除の金額に達することは間違いないと思います。

この年末年始に「ゲホゲホ病」を発症した嫁にんが、通院&処方薬代とCT検査でまとまった出費になったので、

よめにん
よめにん
旦那ぽんが医療貧乏に苦しむ気持ちが分かった

と言っていました。

だんなぽん
だんなぽん
そうです!
今年も医療貧乏生活が続くのです。