ライフスタイル

【1インチ千円】修理より買替え!テレビは使い捨ての時代か!?

テレビが壊れた・・

戌年夫婦家の居間にあるテレビが、いよいよ調子が悪くなりました。
日立のWoooという機種で、42インチのHDD内臓タイプのテレビです。
このテレビは、アナログ放送の終了時期に買ったものなので、もう古い部類に入りますね。
当時、30万円以上もした品物で、「金利手数料はすべて当社が負担します!」という某大手通販サイトで購入したものです。

この半年くらい、録画した番組を再生していると途中で止まることが多くなったので、内臓HDDが劣化したのだろうと思いましたが、昨晩、嫁にんが観ていたときに、突如として電源がOFFになったり、放送画面がフリーズしたりと症状が悪化したようです。
今日の朝食の際にも、電源がOFFになったかと思うとフリーズしたりONになったり・・・
どうにも収拾がつかなくなったので、買い換えることになりました。

価格破壊にビックリ!


私が子供のころ(昭和)は、家電が壊れたら修理に出すのが当たり前の時代でした。
このテレビもローンで買ったものなので、買うよりは修理に出す方が安いかなと思ったのですが、嫁にんが発した一言で考えが一変しました。

よめにん
よめにん
今のテレビは、1インチ千円の時代だよ

HDDなら1GBいくらという話を聞いたことがありますが、もはやテレビもそんな時代なのですね~
早速、ネットで探してみることにしました。

すると?
あるある!!

50インチのテレビが、本当に5万円台で販売されています。
ちょっと前までは、19インチのパソコンモニターにも使えるD-sub端子付テレビが3万円くらいで買えて喜んでいたのに、「1インチ千円」にはビックリです。

テレビ購入にあたっての条件

今まで活躍してくれたWooo君には感謝していましたが、いかんせんプラズマテレビだったので発熱がすごく、夏になるとエアコンをガンガンに回さないと暑くてたまりませんでした。
又、ネットの情報によると、液晶テレビよりも消費電力が大きいという点もデメリットでした。
何しろ、戌年夫婦家では、夏の電気代が2万5千円を超えるので、電気料金改定の時には、真っ先にメーターの交換に来てくれるほどの上得意様だったのです。
ですから、次のテレビは液晶にしようと思っていました。
又、Wooo君の場合は内臓HDDに録画するタイプで、250GBしか容量がありませんでした。

外付けHDDも使えましたが、iVDR-S規格に対応した特殊なものでなければダメで、500GBで1万円近くする高価な物しか使う事ができないも難点でした。
通常のUSB接続HDDなら、1万円も出せば2TBは確保できますから、この差も大きかったです。
以上、発熱消費電力HDDコストの3点は必須条件です。

更に、ブルーレイレコーダーとパソコンを接続するので、HDMI端子は2個必要です。
出来れば、HDDも夫婦別々につなぎたいのでUSB端子も2個欲しい所です。

この時代4Kも捨てがたい!!

これらの条件を満たしてくれるテレビはあるのでしょうか?

電光石火の嫁にん

嫁にんと旦那ぽんは、各自のパソコンでネット検索を始めました。
日本のメーカーも安くなりましたね~!
50インチのアクオス(シャープ製)でも、6万円から販売されています。
すると、嫁にんからチャットワークでmaxzen(マクスゼン)というメーカーの50インチテレビの情報が送られてきました。
聞いたことが無いメーカーでしたが、東京に営業所があり、埼玉県にテクニカルセンターがあるようなので、アフターサービスはしっかりしているようです。
価格も45,800円と手ごろだったのですが、残念ながら4Kではありませんでした。

更に、嫁にんの情報サービスは続きます。
「サンライズ」やら「FEP」など、バンバン送ってきます。
こちらは、HDMIやUSB端子、チューナーの数などの確認で、大わらわです。

その中から、コレという機種を見つけました。

ハイセンス 50V型4K対応 50A6100

Amazonでハイセンス HJ50N3000というテレビを見つけました。
価格が56,500円と手ごろな上に、4K対応です。
しかも、デフォルトでメーカー保証が3年も付いています。
Amazonのサイトには、背面と側面に装備された入出力端子がイラストで掲載されていたので、非常に参考になりました。
カスタマーレビューも266件(2018年11月19日時点)あり、★3.5と好評価です。
しかし、ページを下へスクロールしていくと「この商品には新しいモデルがあります」という案内を見つけました。
「50A6100」という型番で、価格も52,800円と3,700円も安くなっています。

しかも、消費電力が旧モデルの150Wよりも少ない110Wです。
その他のスペックはほとんど差がありませんので、新モデルの方が省エネ仕様になっている点が相違点だと思われます。

【省エネ基準達成率】
HJ50N3000(旧モデル):187%
50A6100   (新モデル):220%

だんなぽん
だんなぽん
価格が安くて省エネなら、新モデルで決まり!
よめにん
よめにん
んだ!

早速、戌年夫婦家の財務省大臣である「嫁にん大臣」に、ポチってもらいました。
明日には届くそうです!!

だんなぽん
だんなぽん
はや!