ダイエット

アルコールはエンプティカロリー!「お酒で太る」は都市伝説!?

お酒は太る?太らない??

先日、睡眠時無呼吸症候群の治療で呼吸器科へ通い、ダイエットを推奨された話をしましたが、その際、お酒もダメと言われました。
世間では、飲酒は肥満の素というのが通説です。
ミュージシャンの「サンプラザ中野くん」さんも、「どんなアルコールでも体内に入ると糖分に変わる」と言っています。
それに対して、タレントのタモリさんは「酒で太るヤツはいない。ツマミを喰うから太るんだ」と公言しています。

だんなぽん
だんなぽん
一体、どっちが本当なの?

酒で太るか否かは、戌年夫婦にとっては大問題です。
呼吸器科の先生に禁酒を勧められて素直に実行している旦那ぽんを尻目に、嫁にんはハイボールをクピクピ飲んでいます。

よめにん
よめにん
クピクピ・・
んまい!!

このままでは、納得できません!!
真相を調べてみることにしましょう!!

アルコールは「カロリーゼロ」って本当!?

ネットの情報では、アルコールは高カロリーだけれども栄養素が全く入っていないから、海外では「エンプティカロリー」と呼ばれているそうです。
又、アルコールを飲むと体温があがり血行が良くなりますから、脂肪燃焼に効果があるなんていう情報もあります。
反対にエンプティカロリーと言うのは栄養素が入っていないという意味だけで、カロリーはあるのだから太る可能性は十分にあるという情報もありました。
もう、こうなると何が真実かわかりませんね!

そもそも、エンプティカロリーという言葉は日本語ではありません。
この言葉が発祥した海外では、エンプティ―カロリーとは固形脂肪や加藤によるカロリーのことで、「タンパク質やミネラル、ビタミンなどの栄養素を含まないくせいに高カロリーな食品」という意味だそうです。
つまり、決して良い意味の言葉ではないということですね。
ですから、アルコールで太らないというのは、日本発の間違った解釈と考えた方が良さそうです。

アルコールのカロリーは体内に蓄積されない?

一般的に、アルコールで摂取したカロリーは体内に残らないと言われています。
でも、アルコールを飲んで酔うわけですから、口から摂取したアルコールがそのままトイレで出ていくわけではありません。


アルコールのカロリーも体内で分解されるわけです。
アルコールのカロリーは、1gあたり7kcalと言われています。
同じ量の炭水化物のカロリーは4kcal、タンパク質も4kcal、脂肪は9kkalです。
このように、アルコールのカロリーは、脂肪に近いほどの高カロリーなのです。
このアルコールを分解するのは、肝臓です。
肝臓はアルコールを分解する過程で、中性脂肪の合成を促進します。
その結果、お酒を呑むことで、脂肪肝になる可能性がでてくるのです。
ですから、「ツマミを喰わなければ太らない」という理論は、肝臓にはあてはまらないということなのです。

ツマミを食べると太る?

余程の酒好きで無い限りは、お酒を飲んでいる時に何かしらの食べ物を口にすると思います。


その際、低カロリーの食品だから大丈夫ということはありません。
お酒と食べ物を同時に摂取した場合、人間の身体はアルコールのカロリーを優先して消費しますから、それ以外の成分の消費は後回しになります。
ですから、大量にお酒を飲むほど、食べ物のカロリーは使われないわけです。
消費されない分のカロリーは脂肪として蓄積されることになります。

お酒の種類にも気を付けよう

お酒=アルコールではありません。
純粋なエタノールで無い限りは、何かしらの不純物が混ざっているはずです。
不純物と言い切ってしまうと語弊がありますが、いわゆる原材料の成分です。
ビールならホップや麦、ワインならブドウ、日本酒なら米など、様々な原料から作られていますから、お酒を飲めば、それらの原料成分も一緒に摂取することになります。


先ほども言いましたように、人間の身体はアルコールのカロリーを優先して消化しますから、それらの原料が持つカロリーを消化するのは後回しになります。
ですから、原料のカロリーが高いお酒ほど、『太りやすいお酒』ということになります。

ちなみに、100mlあたりのカロリー(エンプティカロリー込)は以下のようになります。

ウィスキー 237kcal
日本酒 104kcal
ワイン(赤) 73kcal
ビール 40kcal。

「塩・糖・脂」に要注意

「ビールは最初の1杯が最高!」と言われていますが、2杯目、3杯目も美味しく飲む方法って知っていますか?
それは、塩を舐めながら飲めば良いのです。
日本酒を升で飲む時に塩を盛って飲む人がいるそうですが、海外でも塩を舐めながらビールやテキーラを煽る文化がありますから、塩と酒は無敵な組み合わせなのかもしれません。

つまり、塩辛い食べ物を食べると、お酒が美味しく飲めるということなのです。

よめにん
よめにん
ビールとポテトチップスなんて、名コンビじゃないですか!

でも、ポテチの塩分で酒が進む → ジャガイモの糖分と油で揚げた脂質の摂取
この悪循環で高カロリーのオンパレード!
つまり、某ヨーグルトのCMじゃありませんけど、現代人に多い「塩・糖・脂」の摂りすぎになってしまうのです。

特に、日本酒やワイン、ビールには原料の糖質が残っていますので、太るのが気になる人は、ウィスキーや焼酎などの蒸留酒を飲むことをお勧めします。
これらは糖質ゼロなので、少なくとも糖質で太る心配からは解放されますよ。

私はダイエットの必要が差し迫っているので、取りあえず禁酒にトライしてみるつもりです。
でも、しばらく様子を観て体重が減らなければ、飲酒人生が復活すると思いますけどね~