健康

不整脈手術の費用や入院期間は?カテーテルアブレーションとは?

おはようございます、旦那ぽんです。
自分の病気や入院歴を書いていると、我ながら不健康さに呆れてしまいます。

あわせて読みたい
【狭心症は治る?】入院期間や費用はどれくらい?【手術体験記】『狭心症』の手術、入院体験記です。狭心症とはどんな病気なのか?心筋梗塞とはどこが違うのか?どんな手術をするの?入院期間はどれくらい?入院や手術にかかる費用は?そんな疑問にお答えします。...

今回も不健康ネタ、不整脈についてのお話です。

旦那ぽんの場合

私は、以前に狭心症を患っていたことがあり、不定期的に激しい動悸に見舞われたことがありました。
今回も、脈が速くなり動機がずっと続いていたのですが、狭心症のような激しいものではありませんでした。
息苦しさはなく、ジョギングした時のようなドキドキした感じが続きました。
狭心症の発作は15分程度で治まったのですが、今回は、明け方から昼を過ぎても治まりません。
再び狭心症だったらヤバイと思い、狭心症の主治医がいる病院に電話しました。
その日は主治医の外来が午前中で終わっていたのですが、何とか診てもらいたいと思い電話しました。
病院からの指示は「救急車で来て下さい」とのことでした。
「え?タクシーで行けますよ」と言うと「緊急搬送でないと入れません」と答えられたので、仕方なく119番に電話しました。

事情を話し、救急車に乗せてもらい、かかりつけの病院へ着くと、主治医が私の顔をみて、「おうおう、今度はどうした?」と話しかけてきました。

心電図検査の後に、手術室へ運ばれました。

だんなぽん
だんなぽん
えええっ!?
そんなに悪いんですかぁああ??

診断結果は「不整脈」でした。
何やら、心臓の電気系統がループになっているので、そこを電気で焼き切るのだそうです。
主治医は循環器の先生で、この病院では不整脈科が単独であるために、担当の先生が変わりました。

不整脈とは?

不整脈は、心拍が頻脈(速すぎる)や除脈(遅すぎる)、不規則など、心拍リズムが異常な状態のことを言います。
不整脈が起こる原因は、冠動脈疾患、心臓弁膜症、加齢による心臓の電気刺激電動系の変化などがあげられます。
私の場合は、正常な電気信号の伝達経路以外に副伝導路が存在し、通常、一方通行の電気信号が副伝導路と伝わって戻ってきてしまい、頻脈性の不整脈を発症したとの診断結果でした。
これを『リエントリー』と呼ぶのだそうです。

手術の内容は?

心拍数が遅くなる除脈性不整脈はペースメーカーによる治療になりますが、私の場合は頻脈性不整脈なので『アブレーション治療』になります。
これは、足の付け根からカテーテルを挿入し、レントゲン撮影で透視しながら心臓まで誘導します。
局所麻酔なので意識はハッキリしています。
カテーテルを入れる際も、押される感じがあるだけで、痛みは全くありません。
カテーテルの先端には心電図で計測するための電極が付いていて、心臓まで到達すると異常な部分を探す『マッピング』という作業が始まります。
心電図の計測が始まる前に担当医が、「ちょっとドキドキしますよ」と声をかけてくれますが、そのたびに動悸がして不安になります。
動悸はすぐに治まって、次の部分で同じ作業です。
その間に、異常部分を焼いているようです。
合計で18ケ所を焼いて、手術は無事に終了しました。

手術後は?

傷口はカテーテルを挿入した部分だけなので、その部分を確実に止血すれば完了です。
そうは言っても、太い静脈に穴を開けてカテーテルを入れたわけですから、簡単には止血できません。
カテーテル挿入部分の傷口を強く圧迫した状態で、2時間以上仰向けで足を延ばしたまま、ひたすら寝ているだけです。
その後4時間程度、足を延ばしたままですが看護師さんに手伝ってもらって横向きになることが許可されます。
手術当日は『ベッド上安静』なので、自力でトイレに行くこともできません。
翌日には圧迫器具を外すことができ、ベッドを離れて歩くことが許可されます。
但し、携帯型心電計が入った巾着袋を首から下げた状態です。
これが、中途半端な重さで半日下げていたら、肩こりから頭痛を発症してしまいました。
それから3日間、傷口の消毒と異常がないかを確認するために入院していましたが、何も問題が無かったので、退院することができました。
その後は不整脈だけでなく、狭心症も再発することなく健康に過ごしています。

治療費は?

今回も『高額療養費制度』が適用されたので、自己負担金は9万円以下で済ませることができました。
ちなみに、ネットによる情報ですが、社会保険や国民健康保険に加入していない場合、消費用込の治療費は150万円から250万円もかかるそうです。

私のようなフリーランスや個人事業主の方は、絶対に保険に加入しておくことをお勧めします。

ということで、今回はここまで!