健康

【一掌堂治療院】新橋にもあった難聴治療の名医!女性でも安心2

院長先生も聴覚障害!

院内に入っても、院長先生は気が付かない様子です。
やがて、スタッフの女性が院長の肩を叩いて、私の存在を知らせてくれました。
それから問診が始まりましたが、その時に初めて違和感の理由がわかりました。

女性スタッフによりますと、「院長先生は、耳が聞こえない」のだそうです。
しかし、会話はできています。

だんなぽん
だんなぽん
なぜ?

と思っていると、院長は30歳ころまでは耳が聞こえていたので、話すことはできるのだと説明されました。

だんなぽん
だんなぽん
なるほど
それで、突発性難聴患者の治療院を始めたのかもしれません。

院長以外は全員女性

改めて院内を観察すると、男性は院長先生だけです。
年齢に幅はありますが、全員女性です。
しかも、スタッフ全員が鍼灸師の資格を持っているようで、すべてのスタッフは「〇〇先生」と呼ばれています。
そんな環境なので、患者さんも殆どが女性です。
そのため、院内も女性ならではの配慮が見受けられます。

まず、トイレは便座を上げてはいけません。
男性も座って用をたします。
洗面台も水しぶきを飛ばしたら、備え付けの布巾で拭くこと義務付けられています。

キャスターが付いたカート類は、車輪面を床につけてはいけません。
カートを直に置いたら、すぐに院長がとんできて横倒しに置きなおされました。
不覚にも、私は2回もやってしまい、2回目で「カートの車輪の直置きがいけないんだ」ということが、やっとわかりました。

又、治療ブースにはロッカーが設置されていますが、その中にもカートを置いてはいけません。
ロッカーの扉にも、コートは外で着用すること、女性は枕にハンカチなど持参して敷くこと、においがきつい香水はつけてこないことなど、細かい指示が書かれています。

よめにん
よめにん
ここまで細かい配慮があるからこそ、女性が安心して来院できるのでしょう。

更に、「盗撮と誤解されるので、院内の撮影は禁止します。」という張り紙もあるほど、女性に対する配慮が徹底されていました。

治療内容

針治療の針は、使いまわしです。
もちろん、徹底した消毒済みです。
しかし、使い捨てを希望する場合は、毎回500円を追加すれば可能です。

治療内容は、最初に10分ほどのツボ押しがあります。
女性の施術なので力加減に不安がありましたが、どの先生も、結構グイグイくるので不満はありませんでした。
しかし、若い先生のほうが、しっかりと力をいれてくれるので効いている感じがしました。

ツボ押しの後は、針治療です。
耳回りは院長先生が担当で、10か所くらい集中して刺します。
その後、首や肩、腰回りは、それぞれツボ押しを担当してくれた先生が施術します。
針治療は20分ほど継続し、その後は針を外して終了となります。

施術後は、院長先生が耳の後ろのツボに「置き針」と両腕にチタンテープを貼ってくれます。
更に、予備のチタンテープを4枚くれます。
最後に、会計を済ませて終了です。

ほとんどの患者さんは「回数券」を利用しており、現金精算の人は見ませんでした。
回数券は、3回券で1回あたり5800円、6回券で5600円、10回券で5200円(いずれも+税が加算)です。

肝心の効果は!?

さて、肝心の治療効果について、私の場合は20回治療しましたが改善されませんでした。
しかし、人間には個人差がありますから、完治した人も多くいるようです。
又、一掌堂治療院は、難聴治療以外に美容や不妊治療も行っているようなので、女性にはお勧めの治療院です。