健康

【一掌堂治療院】新橋にもあった難聴治療の名医!女性でも安心!

久しぶりの難聴ネタです。

これまでの経緯

今年の初夏に発症した『突発性難聴』ですが、その後、一向に改善されません。
天下の慶應義塾大学病院でも明確な治療方法がなく、通販で難聴治療の書物やCDを買っては民間療法を繰り返す日々の繰り返しです。
そんなある日、京都の鍼灸院の先生が書いた著書を発見しました。
早速、メールで相談したところ、色々とアドバイスをして下さいました。
先生は、「一度、京都までお越しいただいて診察を受けたほうが良い」と勧めて下さったのですが、何しろ、日帰りで行ける距離ではないので、躊躇していました。

ここまでが、前回(2019年9月10日)の内容です。

ネット検索の鬼!嫁にん登場!!

京都まで行きたいけれど、時間と金銭面で悩んでいる私の姿を見て、立ち上がったのが、ネット検索の鬼!嫁にんです。
嫁にんにかかると、私のググリは毎回『ダメ出し』を食らいます。

早速、嫁にんは「新橋にも、難聴に特化した針治療院があるみたい」と言い、HPを教えてくれました。

だんなぽん
だんなぽん
これは有難い!
都内で済むなら、問題は一気に解決する!!

すぐにHPへアクセスしました。
そこは、【一掌堂治療院(いっしょうどうちりょういん)】という針治療の診療所で、難聴治療には多数の実績があるようです。
しかし、健康保険がきかない自由診療なので、治療費が高額!!
治療費が6000円で初診料が2000円です。
1回の治療は、ツボ押しと針治療で約30分が1セット。
お勧めの治療方法は、初回が4セット、2回目が3セット、2回目が2セット、以降、毎回1~2セットだそうです。

だんなぽん
だんなぽん
4回の治療で6万円以上かかります!!
よめにん
よめにん
初診料込みで、6万2千円!!

しかし、京都まで出向くと新幹線代と数日間の宿泊費が必要になりますので、文句は言っていられません。

取りあえず、電話予約を入れました。

初診

予約当日になりました。
診療所は、新橋のSL広場を横目に日比谷通り方面に向かったところにあります。

地下鉄を使ったのですが、SL広場の表示がないので、とてもわかりにくかったです。
JRならホームから見えるのですぐにわかるのですが、地下鉄は地上に出ても方向がわりにくいので、5回ほど通って、ようやく道順を覚えました。

診療所は意外な場所に!

SL広場と道路を隔てた家電量販店の横の路地を抜けると、ちょっと広い通りにでます。
道路を渡って左へ曲がり、ファミマが入っている雑居ビルに治療院があります。

お世辞にもキレイとは言えないビルなので最初はビビりましたが、エレベーターで5階まで上がると、様子は一変します。

だんなぽん
だんなぽん
とりあえずは、一安心

院内に入ると、大きめの水槽があり、男の先生(後に院長先生であることが判明)が片膝をついて餌を与えていました。
平日の朝イチだったので、私以外に患者さんはおらず、私が入室した際に自動ドアの音がしたのですが、それにも全く反応しなかったので、かなり違和感をおぼえました。
背後に人が来たことを全く認識していないようです。

「おはようございます。」と声をかけても、ピクリとも反応しません。

だんなぽん
だんなぽん
一体、どうなっているの?
よめにん
よめにん
続きは、明日!!