健康

【補聴器リハビリで難聴は治らない】耳鳴り軽減と補聴器訓練!?

補聴器メンテナンス2回目

相変わらず、補聴器のキンキンコンコンという中音域が耳障りなので、人混みや講義中は補聴器を外していることを補聴器の担当者さんに伝えました。

補聴器屋さん
補聴器屋さん
旦那ぽんさんは耳の穴が大きいので、イヤーパッドがしっかりはまっていないのかもしれませんね。

と言って、他社製ですが大きめのものと替えてくれました。
すると、耳障りな音域が、かなり軽減されたのです。

耳の型を取ってイヤーパッドを作れば、もっと改善されると思いますよ。
ただし、1万円近く費用がかかりますが・・・

キンキンコンコンが軽減されたのは良いのですが、そもそも、補聴器リハビリについて疑問がわいていました。

補聴器リハビリとは!?

そもそも、補聴器を使って聞こえやすくすることで、脳のストレスを軽減するというのが、補聴器リハビリです。
脳のストレスが無くなれば耳鳴りは軽減されるらしいのですが、それって耳鳴り治療なのではないか?
つまり、難聴の治療ではない!ということです。

思い切って、担当者さんに聞いてみました。

だんなぽん
だんなぽん
今、やっていることは、難聴治療、耳鳴り治療、補聴器の適用訓練のどれですか?

担当者さんは、資料を提示しながら説明してくれました。
以前に私が説明した内容なので、ここでは省略します)

そして、ショックな一言が!

補聴器屋さん
補聴器屋さん
難聴は治りません。
補聴器によって耳の聞こえを改善するのが目的です。

ハッキリ言って、ショックでした・・・

でも、よくよく考えたら、補聴器に慣れるということは、【補聴器を使って得られる聴力】ということですから、難聴が改善する要素はありません。

こうなると、二者択一です。
このまま、補聴器リハビリを続けるか?
治療方法を変更するか?

だんなぽん
だんなぽん
何とか、お耳を直したい・・・

補聴器を着用するなら、地元の耳鼻科で十分です。
わざわざ、大学病院まで出かける必要はありません。

そんなわけで、今後の治療相談のために、そのまま慶応義塾大学病院へ直行しました。
ちょうど、今日の午後が担当の先生の診察日なのです。

診察受付から3時間待ち

秋葉原から信濃町なので、総武線で乗り換えなしです。
慶応義塾大学病院では、次回診察の予約がある人が、それ以前に診察を受けたい場合、予約を入れることができません。
予約ナシで外来を受診しなければならないのです。

そうなると、早い者勝ちです。

11:30に病院に到着したのですが、午前の部の手続きが続いていました。
ですが、担当医の先生は午後の外来しかないので、12:30の午後の部の受付開始まで、窓口で粘ることにしました。

すると!?

だんなぽん
だんなぽん
やったー!!
1番ゲット!!


これで、一安心です。
午後の診察開始(13:30)まで余裕で待つことにしました。

13:30になり、予約外再診の手続きを済ませて、耳鼻科の受付へ!

ところが、耳鼻科の受付では、

耳鼻科受付嬢
耳鼻科受付嬢
症状の悪化はありますか?
だんなぽん
だんなぽん
ありません。
しかし、良くもなっていません。
耳鼻科受付嬢
耳鼻科受付嬢
では、本日はどうなさいましたか?
だんなぽん
だんなぽん
今後の治療方針について、先生と相談したいので伺いました。
耳鼻科受付嬢
耳鼻科受付嬢
先生に確認しますから、待合でお待ちください。

と言われて、しばし待機。
しかし、午後の診察時間が始まっても、担当医の診察が始まりません。

だんなぽん
だんなぽん
他の診察室は、13:30に始まっているのに・・

14:00近くなって、やっと担当医の診察が始まりました。
更に待つこと30分!
やっと、受付から名前が呼ばれました。

But!!しかーーし!!

申し訳ありませんが、今日は診察をお受けできません。

なんと!?
3時間も待ったのに!!

だんなぽん
だんなぽん
何時間待っても良いから、先生とお話しがしたいのですが・・
申し訳ありません

折角、来たのだから、手ぶらで帰るわけにはいきません。

だんなぽん
だんなぽん
それならば、お手数ですが聴力検査のデーターだけでもコピーしていただけませんか?
少々、お待ちください。

20分ほど経って

お待たせしました。

と言って、データーのコピーをいただきました。

耳鼻科受付嬢
耳鼻科受付嬢
診察券を使った再診手続きをしていないので、料金はかかりません。

慶応義塾大学病院では、予約再診の場合は受付機にカードを挿入しますが、今回は予約ナシだったので、診察券(カード)を受付機に通していませんでした。

つまり、私の来院は【無かったこと】という扱いのようです。

3時間以上もかかったのに・・・

だんなぽん
だんなぽん
とほほ・・

わざわざ、来院して診察が受けられないとは思いませんでした。
せめてもの救いは、聴力検査データーを受け取れたことです。

よめにん
よめにん
これも大病院の定めじゃ!
だんなぽん
だんなぽん
暑くて、グッタリな1日でした。