薄毛・育毛

【パナソニック頭皮エステ】夏の汗や皮脂で詰った毛穴もスッキリ

以前に某オークションサイトで、パナソニックの頭皮エステというアイテムをゲットしました。
3,600円というラッキーな価格だったので期待していませんでしたが、かなり良かったのでご紹介します。

頭皮エステとは?

パナソニックが開発した頭皮エステは、自宅で簡単に頭皮マッサージができるというもので、防水仕様なので入浴中に使う事ができます。
充電式で電源ボタンを押すと4つのブラシが独立して円を描くように回り始めることで、頭皮を優しく揉みほぐしてくれます。

同様の頭皮マッサージ機に「モミダッシュ」があり、私も2機種を愛用していますが、揉みブラシが4つも付いていて独立に動くというタイプは初めてだったので、思わず入札してしまいました。

頭皮エステはもともと女性向けのアイテムだったようで、パッケージや本体のカラーも女性を意識したデザインになっていました。
現在は男性ユーザーもターゲットにしており、ホームページも男性モデルを起用したり、本体のカラーバリエーションも、男性向けにシルバーが加えられています。

使った感じは?

4つのブラシの回転で頭皮を揉みほぐしながら洗う事ができるので、毛穴に詰まった汚れや皮脂をきれいに洗い流すことができます。

特に、トニック系のシャンプーを使うと、違いが実感できます
手で洗った時よりも頭皮マッサージを使った方が、断然スースーする爽快感があるので、それだけしっかり汚れが落ちているという事なのでしょう。

又、頭皮を揉みほぐすことにより頭皮は柔らかくなり血行が改善されますから、薄毛の改善にも効果が期待できます。

私の場合は、頭にシャンプーを付けて浴槽に浸かり、ぼーっとしながら頭皮エステを使っています。

電源ボタンを1回押すと低速モードで動きはじめ、もう1回押す(合計で2回押し)と高速モードになります。
タイマー機能が付いているので、一定の時間が経つと勝手に止まってくれます。
正直に言って、モミダッシュよりも優しい使用感なので、頭皮エステの方が気に入っています。

交換パーツも充実

パナソニックと言えば、日本が世界に誇る家電ブランドです。
一流メーカーの良い所は、消耗品などの入手がしやすいところです。
頭皮エステの交換部品は、ブラシアタッチメントや電源アダプター(充電用)や蓄電池などがあり、楽天やamazonで簡単に取り寄せることができます。

楽天とamazonではどっちがお得?

どちらも大手の通販サイトなので安心してショッピングができますが、それぞれにメリットやデメリットがあります。
どちらが得になるのかは、品物ごとに検討する必要がありますね。

楽天のメリットはポイントが付くことが最大のメリットですが、低額商品には別途送料がかかったり、全体的に価格が高めというデメリットがあります。

一方、amazonのメリットは、2000円以上のショッピングなら送料が無料になったり、全体的に楽天よりも安価な価格設定になっています。
しかし、楽天と比べるとポイントサービスが弱いというデメリットがあります。

頭皮エステについて比較してみますと、本体価格については楽天で1万円を切っているのはJoshin webの9,400円(送料無料)だけですが、amazonでは最安値は6400円から販売されており、高くても11495円なので、amazonの方が圧倒的に安いのでお勧めです。

交換用のブラシアタッチメントについては、楽天では2199円から販売がありますが、別途送料が540円から600円ほどかかりますので、合計で2800円から3000円程度は必要になります。
一方、amazonでは、1580円から2021円ほどで販売されていて、1件だけ1070円で販売されていました。
(早速、ポチりました。)

ここまで比較した中では、amazonの方が有利に思えますが、交換用の蓄電池は楽天しか取り扱いがありませんでした。

あれ!?頭皮エステじゃね??

以前にテレビを見ていたら、スカルプシャンプーでお馴染みのアンファ(ANGFA)のCMで「アンファとパナソニックが共同開発!」というコメントと共に「スカルプDオリジナルブラシ頭皮マッサージ」という商品が映し出されていました。

すでに頭皮エステを愛用していた私は「これって、頭皮エステを赤く塗っただけじゃね??」と、かなりモヤモヤしましたが、皆さんはどう思います??

アデランス スパニストも?

更にamazonを検索していたら、私も以前にお世話になっていた男性かつらメーカーのアデランスから「スパニスト」という頭皮マッサージャーが販売されていました。
揉みブラシ部分の形状や充電方式に違いはありますが、動作のメカニズムについては頭皮エステと同じだと推測できます。

シャンプートリートメントセットもありました。

この他にも、amazonでは聞いたことが無いメーカーから同様の製品が数多く出品されていました。
メーカーや耐久性にこだわらない人は、そちらをチョイスしてみるのも良いかもしれません。

いずれにせよ、他人の手を煩わせることなく自分の都合の良いタイミングで自宅でヘッドスパが楽しめるのですから、一度、試してみることをお勧めします。