健康

【たけしの家庭の医学】知らなかった!高血圧は筋力減少の原因!

2019年8月13日の放送を見てビックリ!?

毎週火曜日20時から「テレ朝(関東地方)」で放送されている『名医とつながる!たけしの家庭の医学』という番組がありますね。
昨日の放送が、あまりに自分に当てはまっていたので、ご紹介します。

※名医とつながる!たけしの家庭の医学(2019年8月13日放送分より)

運動しているのに筋力がつかない

運動不足を気にしてウォーキングを頑張っている高齢者は多いと思います。
しかし、「1日1万歩」を目標に毎日欠かさず継続しているにもかかわらず、つまづいたり転んでケガをする高齢者が増えているという話を聞きます。
しっかり、運動しているはずなのに、これはどうしてなのでしょうか?
番組では、これらの原因は『筋力の低下が原因』というテーマで、そのメカニズムと対策を放送していました。

筋力の低下と高血圧

高齢者が運動しても筋力が低下してしまう原因は、意外にも腎機能の低下が関係しているそうです。
腎臓は、血液のフィルターの役目を果たす臓器です。
その機能が低下すると、食事で摂取した塩分を排泄することが困難になってきます。
塩分の過剰摂取は、「高血圧」につながることは有名ですね。
この高血圧こそが、筋力を衰えさせる元凶なのです。

なぜ、高血圧になると筋力が低下するのか?

先ほども触れたように、腎臓は摂りすぎた塩分や身体に不要な毒素を排泄してくれる機能があります。
腎臓の内部には、ごく細い血管(糸球体)が凝縮されており、その部分で尿毒素を濾過して排泄してくれるのですが、
高血圧になるとその細い血管に大量の血液が流れるため、糸球体が圧力に耐えられずに破壊されてしまうのです。
番組では、腎臓の毛細血管が直径1cmのストローだとすると、そこへ血液を流し込む太い血管は石油タンクなみの直径(50m)であると説明していました。
ちなみに最も太い血管は約2.5cmであるのにたいして、腎臓の毛細血管は約5/1000mmだそうです。

※名医とつながる!たけしの家庭の医学(2019年8月13日放送分より)

ですから、高血圧になると腎機能が低下して尿毒素が体内に残ってしまいます。
この尿毒素が、筋肉細胞の代謝変化を引き起こすので、筋肉量の低下につながるというメカニズムなのです。

旦那ぽん!激ヤバ!!

私は、若い頃から、血圧が高いと言われ、医師から薬を処方されています。

しかも、腎臓がんを患い、片側の腎臓を全摘出、反対側の腎臓は1/4を切除しています。
当然、腎機能は一般レベルよりも悪い数値で、検査結果は「赤い数字」で記載されています。
一方で、呼吸器科の担当医(CPAP使用中)からは、「睡眠時無呼吸は筋肉量を増やせば治る病気ですから、運動して下さい!」と毎回、指導されています。

だんなぽん
だんなぽん
腎機能が悪いのに筋力を増やせとは、これは『禁塩生活』しかないか??

つらい減塩をしなくても減塩できる!

番組では、摂取した塩分を排泄させる食材として「1日6グラムのとろろ昆布」を食べるという方法を紹介していました。

被験者は1日16グラムを食べていましたが、この結果は初日からバッチリと発揮されていました。
ちなみに、正常値の塩分排泄量は80%だそうですが、被験者は47%(実験前)から81%(実験初日)まで改善されていました。

よめにん
よめにん
健康番組にすぐに乗っかる我々は、翌日から「とろろ昆布生活」になったことは言うまでもありません。
だんなぽん
だんなぽん
買い置きしておいてくれた嫁にんに感謝!!